協会について
協会について

事業内容

事業活動方針

 当協会は、2020年度に一般社団法人群馬県計量協会の前身である日本度量衡協会群馬県支部創立から100周年という大きな節目を迎えましたが、コロナ禍から様々な社会経済活動の制約があり、記念式典など周年事業は2021年度に実施する事といたしました。
 協会の事業につきましては、計量法に基づく適正な計量の実施の確保を図るため、群馬県及び高崎市を除く特定市からの『はかりの定期検査』や、日本郵政グループ等からの計量管理業務の受託しております。また、中小企業向けの基礎的な計量計測に関わる研修会を開催し、適正な計量の確保を図り、県民生活の安全・安心のための事業を推進していきます。

事業内容

1 計量思想の普及啓発事業

(1)計量記念日のPR事業への協力
(2)夏休み親子はかり工作教室への協力
(3)消費生活展への協力
(4)計量強調月間の設定
(5)啓発資料等作成・配布
(6)ぐんま環境フェステバル等への参画

2 計量技術の調査、研究及び情報の提供事業

(1)中小企業向け測定基礎研修会の開催(年2回)
(2)質量計計量証明事業者に対する指導研修
(3)環境分科会活動の活動推進
(4)計量士活動事業・代検査業務の推進
(5)情報誌(計測標準と計量管理、計量ジャーナル)の配布
(6)事業推進委員会の活用
(7)協会ホームページによる情報の提供

3 計量関係法令の適正な運用促進事業

(1)計量関連諸手続きの指導
(2)定期検査業務等の受託
  (平成15年3月18日 群馬県指定)
  (平成19年3月 9日 伊勢崎市指定)
  (平成19年3月13日 太田市指定)
  (平成31年2月27日 前橋市指定)
  ※3年ごとに更新指定
(3)郵政グループ等の計量管理業務受託
(4)全農等計量管理業務受託
(5)適合検査(法定外検査)の実施

4 その他協会の目的のために必要な事業

(1)総会等の開催
(2)役員会及び委員会の開催
(3)関係団体との連携
(4)県収入証紙の売り捌き事業
(5)会報の発行(年2回)

令和3年度事業報告(PDFファイル)

ページのトップへ